晴れ、ときどきフィリップ

エドゥアール・フィリップのネット追っかけブログ

今日のフィリップ

できるところまですすみます。

1月10日

f:id:naranja2010:20180129205513j:plain

交通安全会議(名前?)

内閣動員されての会議らしい。

この前の記事にリンクを貼ったインタビューで

対面通行の道路の制限速度を80km/hにする件に触れられていましたね・・・

 

毎年3500人の事故死、70000人の負傷者

ヴァカンスでは105人が交通事故で死んでいる

できる対策は事故の被害を抑えること、

それには速度が一番に関係する。

事故の2分の1は対面通行の道路で起きている。

その道路の制限速度を低く抑えれば事故の被害も減るのでは。

実施は2年以内に行う。そのための設備投資も行う。

f:id:naranja2010:20180129210142j:plain

40kmの道のりを時速90kmではなく80kmにしても3分鹿違わない。その3分は命を救う3分かもしれない?

 

携帯を使用しながらの運転は罰せられます。

誰かを危険な目に合わせたら免許没収です。

歩道の歩行者を殺すことがないよう、駐車スペースなど監視カメラを設置します。

優良ドライバーには特典があります。フランスの37万人の優良ドライバーは12ポイント保持することになります。

自動運転の自動車など開発につとめます(?)

f:id:naranja2010:20180129210657j:plain

ああ、適当です。

ごめんなさい、フィリップ。

今日のフィリップ

1月はじめのことを書くのが1月終わりになってしまった。

でもあと数日で2月になっちゃう!!

 

1月3日新年早々TVインタビューがあったらしい

f:id:naranja2010:20180129204639j:plain

ツイッターで住居問題とかSNCFへの対策とか南西部の空港新設問題とか触れています

 

f:id:naranja2010:20180129204733j:plain

新年の内閣集合写真 ひとり大きい!

 

f:id:naranja2010:20180129204822j:plain

f:id:naranja2010:20180129204853j:plain

南西部の新空港建設に関して上院議員、下院議員、市長など意見交換

 

 

あとロングインタビュー

Edouard Philippe au JDD : "Avec notre politique, le travail paie"

今日のフィリップ

滞りがちなブログで、

かつ今日のは直接フィリップに関係ないのですが、

フィリップが市長をかつて勤めていたル・アーブルの文学祭に
ポール・オースターが来ているらしい!

f:id:naranja2010:20180122114820j:plain

テーマはNY?

いろいろ面白そう。

Actualités | Festival Le Goût des Autres

今日のフィリップ

遅れを挽回したくても3周(週?)遅れになったマラソンを走っているようだ…

 

 

12月21日

画像がなくて残念ですが、マルセイユで開催された食料会議の前に

Sainte-Marthe Audisioの小学校を訪問したらしい。

「社会生活、他人とのふれあい、大きな目標を意識すること、すべては学校に始まる」

 

他外国人の権利を擁護する30団体の責任者と面会

住宅、シェルターの管理など

f:id:naranja2010:20180116221241j:plain

 

 

そしてマルセイユでの食料会議

 

f:id:naranja2010:20180116221318j:plain

生産して加工して売って食べる。職業や活動以上のものであり、これはみんな分かち持っている情熱であり誇りである。

公正で効率的で健全な市場を保証する法案が提出されたらしい。

50%ビオを目指すとか、

動物の生命を尊重しないものに制裁(6ヶ月から1年の禁固、7,500~15,000ユーロの罰金)

消費者への情報提供改善によって健全で持続可能な食料生産を行うものへの助成

などなど・・・

 

今日のフィリップ

あけましておめでとうございます。

12月は体調を崩してしまい、更新どころではなく><
おかげさまでようやく復活してまいりました。

新しい年になりましたが、

昨年のフィリップから超飛ばしでいきます。

f:id:naranja2010:20180106085200j:plain

カール、続きます。

行政サービス、ケア、文化(読書)への住民のアクセスしやすさについて

 

f:id:naranja2010:20180106085433j:plain

やはりここでも地元めぐり。美術館や地元の本屋さんとか

 

f:id:naranja2010:20180106085511j:plain

すごく嬉しそう。

 

 

この会議のHPにも記事が

www.conference-territoires.gouv.fr

 

 

 

 

あと会議のあと、RTLで東京ーハイチ間に私航空会社から便をレンタルするのに

350,000ユーロも費やしたことについて釈明を。

これは妥当ではないというか高すぎると非難をあびていました。

www.rtl.fr

 

マルセイユでの食料会議に続きます。

今日のフィリップ

12月14日〜16日の3日間、内閣が大移動していました。

日帰りではない理由は「できるだけ多くの住民に会うため」だそうで

 

とりあえず14日分を

f:id:naranja2010:20171220211525j:plain

14日カオールに到着。

f:id:naranja2010:20171220211542j:plain

政府のページの写真小さいですね

 

f:id:naranja2010:20171220211611j:plain

雨の夜にもかかわらず歓迎モード

 

 

f:id:naranja2010:20171220211726j:plain

1. LOTでフランス地方におけるインターネットアクセス計画について語っています。ネットアクセスの平等を達成するのは、全世代の人々が電話や電気について行ってきた挑戦と同じと。

2. 目標はすべての国民に2020年までに8Mbps、2022年までに30Mbpsのアクセスを可能にすると。なぜ8Mかというと、インターネットでDVD1時間、ネットサーフィン、ラジオ、ビデオコンフェレンスが可能になる大きさだと。

3. すべての家庭でも品質のよいネット環境が可能になるようにあらゆるテクノロジーを動員すると。

4. 一社が回線独占状態の地域で光ファイバー化をするためにその会社には支払猶予(?)を与える。だが2020年までに100%達成できなかった場合は制裁。

5. 人口があまりいない地域には各家庭150ユーロ最大でパラボラアンテナ、アンテナ、受信ボックス設置費用を支給

6.住宅地、交通集中地区(日本語でなんていうんでしたっけ)、観光地、重要経済地区における回線会社のモバイル受信可能義務

7.あらゆる国民がネット環境に浴せるよう、この政策にあたって、モバイルアクセスできない人、使えない人がでないよう気をつけなければならない。

 

 

今日のフィリップ

12月11日

カレドニアから帰ってきた翌日にはセーヌ・マルヌで警官と一緒に交通安全活動。

フランスでは1日9人が交通事故死、けが人は1年で7万2千人。

2016年の交通事故の死者は3500人近くにのぼるそう。

f:id:naranja2010:20171214185929j:plain

 

f:id:naranja2010:20171214191134j:plain事故の犠牲者のリハビリセンターを訪問

 

 

12月12日

f:id:naranja2010:20171214185958j:plain

観光事業に対する投資を活発化させるための会議。2020年には5千万ユーロの予算が。

1月19日に内閣間観光会議が行われる予定。

 

f:id:naranja2010:20171214190054j:plain

どちらかといえばマクロン大統領が主役な気候変動サミットでのひとこま。

下院の共和国前進の首長のリシャール・フェランと

 

あと下院でしょうか?(トランプ大統領が引き起こした)エルサレムをめぐる

パレスチナイスラエル間の問題の解決はひとつしかない、

エルサレムは2つの国の首都とするのだ!と演説している動画が。

 

 

f:id:naranja2010:20171214190128j:plain

2040年には倍増するであろう飛行旅客数対策として、

フランス西部に飛行場を新たに建築するかどうかの会議。

またはナント飛行場を拡大するか・・・

f:id:naranja2010:20171214190150j:plain

 

次はカオール